子宮筋腫は、婦人科系の病気の一種で、35歳以上の女性に多いとされ、35歳以上の女性の15〜30パーセントの人にあると言われています。 エストロゲンという女性ホルモンが筋腫の大きさの変化に関与しているであろうことは分かっているのですが、なぜ、子宮筋腫になるのかというハッキリとした原因は分かっていないのが現状です。 子宮筋腫の主な症状としては、月経痛、不正出血、過多月経、貧血などが挙げられます。 また、下腹部にしこりを感じることもあるでしょう。 月経過多は、経血の量が多くなるのですが、普段よりも多いか少ないか判断するのはなかなか難しいものです。 そこで、経血の中にレバーのような血の塊が出るようであれば、月経過多を疑うようにしてください。 病院での検査では、膣に超音波の機器を挿入して検査を行うのが一般的です。 もし、検査で筋腫が見つかっても、それだけでは治療の対象にはなりません。 筋腫が大きい場合や痛みがある場合などは、手術、または、薬での治療となります。